日本の教育2030 #1 答えのない問題を「問う力」!!

かの松下幸之助は「日本には資源がないけれども、質の高い人材資源が豊かにあるのですから、これを活用していくことがますます必要になります」と述べたという(『松下幸之助発言集18』)。

 日本が一時代を築けたのは教育インフラの賜物。しかし、コロナ禍のオンライン教育の遅れひとつをとっても、工業化社会からデジタル化社会への転換に際し、日本の教育は世界の趨勢に取り残されつつある。OECD各国はすでに2030年の教育再定義に向けて動き出している。

 きょうの「こどもの日」を境に日本の教育のこれからを考える(3回連載)。

「コロンブスがもし、アメリカ大陸を発見していなければ世界はどうなっていたか?」

バカロレア(IB)教育では、こうした問いを子どもたちに投げかける。日本の教育では「コロンブスがアメリカ大陸を発見したのは1492年」とまず年号を教えますが、同じ事実を教えるにしても、アプローチ方法がまるで違うのです」

そう語るのは永留聡氏だ。日本において3校のバカロレア校の立ち上げに関わり、現在も広島県の私立英数学館小学校・中学校・高校の校長として、バカロレア教育を実践しているパイオニアである。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事