「デジタル庁」準備室担当が語る「1人1台」の盲点!!

ー元文科省課長の髙谷氏「学習者IDの準備をー

公立の小中学校で「1人1台端末」の整備がほぼ完了した2020年度。21年度は、その本格的な活用が期待されている。一方で、「GIGAスクール構想の本来の目的が見失われているのではないか」と危惧する人物がいる。昨年7月まで文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長としてGIGAスクール構想の責任者を務めた髙谷浩樹氏だ。現在、内閣官房デジタル改革関連法案準備室兼務の髙谷氏に、今後のわが国の「教育の情報化」における重要なポイントについて聞いた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事