Yahoo!ニュース掲載、キー局テレビ、ラジオ出演が立て続けに実現。メディアの心をつかむコツとは?

学童保育や習い事のマッチングなど教育系WEBメディアの運営を軸に事業を展開するセブンシーズキャピタルホールディングス。メディチョクでは数少ない教育系企業のユーザーだが、この秋、Yahoo!ニュース、キー局テレビ、ラジオ番組とのマッチングを次々に叶え、存在感を示している。

同社代表取締役CEOで国際教育評論家の村田学氏に快挙の秘訣を聞いた。

メディチョクは広報活動の空中戦

メディチョク導入前の広報活動について教えてください

村田社長:ブログでの情報発信、SEO対策、チラシのポスティングがメインです。特にブログはかなり頑張っていました。でも週2回の更新はけっこう負担でしたし、その割にメディアにつながることもありませんでしたね。多少メディアから声が掛かるようになったのがブログを始めて8年目ぐらいだったと思います。

しかし、私が8年かけてたどり着いたメディアは、メディチョクを導入してひと月で出会いました。最初からメディチョクに出会っていれば、ブログの手間暇も見当違いなポスティングも必要なかった、と。

メディチョク:8年前にメディチョクがあれば…。

村田社長:メディチョクに出会ったのは今年の夏頃でしたかね。

メディチョク:そうですね。SNS広告をご覧になって資料請求してくださいましたね。

村田社長:直感でした。こんなふうにメディアとつなげてくれるサービスは今までになかったなと。私自身メディアを運営する側でもありますが、メディアの立場から見ても、ピンポイントで記事を書いてくれたり取材に応じてくれたりする専門家を探してマッチングできるサービスは便利だと思いました。ユーザーとメディア双方にメリットがあると感じましたね。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事