AIを使った英語授業支援ツール『トレパ』を活用した授業を大阪府立箕面高等学校で実施!!

さらに対策を進めるにあたり、教員の指導時間不足や教材作成の負担などが懸念されています。「スピーキング力やライティング力を伸ばすために生徒一人ひとりに対してトレーニングもしてあげたい。」「スピーキングの指導ではシャドーイングだけでなく、会話力をもっと身につけられる授業を実践したい。」「授業に即した課題をもっと作成できれば、生徒の文章力もさらに伸ばせそう。」「時間がかかり、取り組みづらい英作文添削をもっと効果的に取り組む方法があればいいのに。」トレパはこの様な英語の先生の声から生まれた、先生を支援するための英語トレーニングツールです。

【トレパの基本機能】
・読み上げ機能(AIがテキストを読み上げる機能=リスニング教材作成)
・発音評価機能(AIが学習者の発音をネイティブスピーカーとの比較で信頼度を診断=スピーキング教材作成)
・単語/文法チェック機能(AIが誤字や文法ミスをチェックし訂正する=ライティング支援)
というものがあります。
教員は、これらを使うことで授業内容に応じたオリジナルのAI教材を作成・編集することが可能です。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事