#1 GEG Okayama キックオフイベント!!

文科省によって『GIGAスクール構想』が打ち出され、「1人1台端末」の活用によって「調べ学習」「表現・制作」「遠隔教育」「情報モラル教育」が充実するとされています。

特に、この度の新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される中、「遠隔教育」の実施は児童・生徒の安全を守るためにも絶対的に必要な項目です。「1人1台端末」やGoogle Classroomのようなプラットフォームがあれば、災害や伝染病の拡大などの非常時にすぐに「遠隔教育」に移行することができます。

また、「表現・制作」の具体例として「写真・音声・動画等を用いた多様な資料・作品の制作」が挙げられています。決してYouTuberを養成するわけではありません。海外では「ドラマ」という授業が非常に重要視され、言語能力や表現力が養われるとされています。特に動画の制作は、ドラマの授業に匹敵する学習効果があります。

さらに、テストの採点時間の短縮、情報共有による働き方改革、MAP等Googleアプリの利用によるアクティブラーニングなど、今の教員に必要なスキルを一気に学べる滅多にない機会です。もう「待った」はかけられません。このイベントへの参加をきっかけに、世界やアジア諸国からも大きく出遅れているこの国のICT教育をなんとかしましょう。「ちょっとのステップ」でいいのです!

日時:2020年3月14日(土)13:30~17:00

場所:就実中学校・高等学校

対象:教育関係者

参加費:無料
※ ハングアウトでの参加も可能です。※ 軽装でお越しください※ 貸出し用のChromebookを合計80台まで準備します※ 持ち込み端末は校内Wi-Fiに接続できません※ 個人のGmailアカウントをあらかじめご用意ください※ 申込みフォームでご希望のワークショップを選択していただきますが、機材や人数の都合上ご希望に添えない場合もあります

申し込みはこちらかできます。 ここをクリック!!

★ 第1部

13:00 受付開始

13:30 開会の挨拶

13:40-14:20 ICT放談会 ― 野中先生を囲んで2019年度のICT教育を振り返り、2020年を占う
<特別ゲスト 野中 潤 先生プロフィール>都留文科大学文学部国文学科教授。情報センター長・附属図書館長。著書に『学びの質を高める! ICTで変える国語授業―基礎スキル&活用ガイドブック』(明治図書)、『横光利一と敗戦後文学』(笠間書院)など。GEG Fujiリーダー(Google Certified Innovator)。Edcamp オーガナイザー。

14:20-15:40 各地GEGリーダーからの応援メッセージ
「GEGってこんな集団」 ― GEGを一言で表現すると?「最近見つけた生徒のたから」― 最近の中で特に面白かった実践を紹介

内容

★ 第2部 ワークショップ 15:50-16:50

Chromebook初級者から上級者まで、どんな方にも対応できるよう準備を進めています。GEG Hiroshimaから、リーダーの今田先生も応援に駆けつけてくださいます。どのワークショップでも、最初の15分間で日頃の授業での実践内容をお見せします。⑦に入られた方は、すべてのワークショップのツアーができます。滅多にないこのチャンス、しっかりChromebookに慣れて新年度を迎えましょう!

チラシはこちらです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事