日本社会にSDGsは根付くか?〜第2回電通SDGs生活者調査からの考察!!

SDGs(持続的な開発目標)が国連で提唱されたのは2015年9月のことでした。電通では2018年の2月にSDGsの認知や意識について第1回となる生活者へのアンケート調査を行いました。それからほぼ1年後に当たる今年の2月に、規模や質問内容を一部変更した上で「第2回電通SDGs生活者調査」を行いました。今回の調査の結果や得られた考察について連載を行っていきます。

【目次】
▼SDGs認知率16%!
▼学生の間ではSDGsは確実に浸透している
▼「認知率」が全てか?実は6割の人が何らかをやっている!
▼SDGsに取り組んでいるのは誰か?「三つの層」の発見
▼日本のSDGs普及にむけて

SDGs認知率16%!

今回の調査でのSDGsの名称認知率は全国平均値で16.0%でした。第1回の調査では14.8%だったので1.2ポイント上昇しました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事