いじめ、最多の54万件 小学校では34%増 !!

小中高18年度認知 防止法施行後「重大事態」も最多 

全国の小中高校などで2018年度に認知されたいじめは過去最多の54万3933件だったことが17日、文部科学省の問題行動・不登校調査で分かった。このうち命の危険や不登校につながった疑いのある「重大事態」は前年度を128件上回る602件で、いじめ防止対策推進法の施行で集計が始まった13年度以来最多。いじめは依然深刻な状況にある。

いじめの認知件数は前年度比31.3%(12万9555件)増。増加幅は中…

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事