大学入試英語ポータルサイト!!
2020年4月から、英語資格・検定試験を活用して、大学入試で英語の4技能を評価することを支援する「大学入試英語成績提供システム」の運営がスタートします。  このホームページでは、受験生や高等学校、大学の教職員の方に、「大学入試英語成績提供システム」の目的や内容を理解していただけるよう、関係情報を整理し掲載しています。  掲載情報は適宜更新しますので、積極的に御活用いただきたいと思います。

1.大学入試において、英語資格・検定試験を活用し、英語4技能の評価を推進することの意義について

○ なぜ、大学入試で英語4技能を評価することが必要なのですか。

 グローバル化が急速に進展する中、英語によるコミュニケーション能力の向上が課題となっています。

 このため、高等学校学習指導要領では、多様な人々と、互いの考えや情報を主体的に伝え合うため、英語の「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に育成することを求めてきましたが、高校3年生の英語力は特に「話す」「書く」に課題があることが調査結果から明らかとなっています。さらに、大学においても、グローバル化時代を担う人材を育成するためには、これら英語4技能の習得は重要です。

 このため、大学入試において、高等学校段階までに育成した4技能の英語力を適切に評価することが必要です。このことは、高等学校において4技能をバランスよく育成する授業改善を一層進めることにもつながります。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事