普通科改革を中心に協議スタート 中教審高校改革WG!!

中教審は7月25日、高校改革について集中的に議論する「新しい時代の高等学校教育の在り方ワーキンググループ」(高校改革WG)の初会合を開いた。検討事項として①普通科改革など学科の在り方②地域社会や高等教育機関との協働による教育の在り方③定時制・通信制課程の在り方――の三つを挙げ、当面は①と②を中心に協議を進めることを了承した。1994年の総合学科の導入以来、「四半世紀ぶり」(文科省)という高校制度の本格的な見直しがスタートした。

中教審では、Society5.0時代に向けて初等中等教育の包括的な見直しに着手しており、義務教育の小・中学校については「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」ですでに審議が始まっている。高校改革については、特別部会の下部組織として高校改革WGを新たに設置して集中的に議論を進める。高校改革WGは今年10月または11月に検討状況を特別部会に報告する予定だ。

初会合では、議論を取りまとめる主査に大谷大学文学部の荒瀬克己教授、主査代理に京都府教育委員会の橋本幸三教育長を選出。文科省担当官が、高校への進学率が2018年に98.8%となっている一方、親や先生に勧められるなど消極的な動機で学校を選んだ生徒を中心に満足度が低く、学習意欲や自己肯定感が低い生徒が増えているといった高校生の現状と課題を説明した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事