「WOW」と喜びの声上がる手作り体験授業…立命館宇治!!

立命館宇治中学校・高等学校(京都府宇治市)は、中学生を対象として自由参加型のさまざまな体験学習「WOWプログラム」を実施している。生徒たちに学ぶ喜びや楽しみを体験させようと2017年度に始まったこのプログラムは、すでに42種類に上る。入試センター長の木越貴之教諭やプログラム作りに携わってきた先生たちに、具体的な内容やこの取り組みを通しての生徒たちの成長ぶりを聞いた。

中学教員全員で練り上げた42プログラムを実施

WOWプログラムを作ってきた福島賢教諭(左)と福原教恵教諭
WOWプログラムを作ってきた福島賢教諭(左)と福原教恵教諭

 英語で驚きや喜びを表す「WOW」を冠したこのプログラムは、中学生向けに、同校の先生たちが用意したさまざまな自由参加型の課外授業プログラムの総称だ。通常の授業では経験できない「特徴ある学び」を心がけており、土曜日や平日の放課後、試験の最終日、長期休暇など、生徒が参加しやすい時期に希望者を募って行っている。

 入試センター長の木越貴之教諭は「本校では、約8割の生徒が立命館大学および立命館アジア太平洋大学(APU)へ内部進学します。ですから、大学入試対策に終始した学習ではなく、学ぶ喜びや楽しみ、知的好奇心を原動力にした、答えのない問いに向き合う探究心の育成を重視しています」とプログラムの趣旨を説明する。

 木越教諭によると「WOWプログラム」は、教員によるオリジナルの企画で、17年4月に、中学の国語、数学、理科、社会、英語、保健体育、音楽の教員7人が代表者会議を組織し、毎週、議論を重ねて作り上げていったという。

 同年10月に実行に移されてから、これまで1年半の間に42のプログラムが実施されている。これらのプログラムには「教科横断」「地域連携」「大学との連携」「ホンモノに触れる」「附属校間交流」「生徒同士の学び」などの狙いがあるという。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事