大学入試の英語が大きく変わるって知ってる?東大教授とその問題点に迫る!!

はじめに

みなさん、センター試験に代わって2020年度から導入される「新共通テスト」で、英語の入試が大きく変わるのはご存知ですか?

<今までの大学入学センター試験>

マークシート方式の筆記試験とリスニング試験

主に「読む」「聴く」といった能力を評価する。

<大学入学共通テスト>

センター試験で測ってきた「読む」「聴く」に加え、「話す」「書く」を含む「4技能」を評価できる民間の資格・検定試験を国が認定。

3年生の4月〜12月までの試験結果が大学入試の成績として使われれる。(2023年度までは国が行う共通テストも実施され、認定試験と併用される)

実はこの新しい制度、問題点が山積みとの噂が各方面から続々と聞こえているのですが、その真相は一体どうなっているのでしょう。

今回は民間試験はなぜ導入されることになったのか?その問題点とは何か?東大教授 阿部公彦先生に伺ってきました。

学生(職員)証

  1. お名前:阿部公彦(あべまさひこ) 教授
  2. ご職業:東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授
  3. 略歴:東京大学文学部卒、同修士を経て、ケンブリッジ大学でPhD取得。2001年より現職。

どうして民間試験が導入されることになったの?

―英語の民間試験が導入されることで、日本人の英語を「話す」能力が高まるのではないか、と期待されているようですが、まず民間試験が導入されることになった経緯を教えて頂けますか?

元々日本人が英会話が苦手だというのは、遡ること明治時代から言われてきていることなのですが、その頃から、「英会話を今なんとかしなければいけない。なんとかすればなんとかなる」というムードが時々高まってはみんな飽きてきて、そしてまた高まって…という繰り返しをしてきているんです。

元々そういった流れがあるので、今回の改革も突然始まったというわけではないのですが、今回一味違ったのは、「4技能」という言い方をしたところです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事