いま、日本で国際バカロレア(IB)が注目される理由とは――生徒の「思考力」を鍛え、一流の社会人を育むプロセスを経験者が解説(後編)!!

 今後の国際社会で通用する人間を育てる教育プログラムとして、日本でも国際バカロレア(IB)への注目が急速に高まっています。本連載では、英語塾キャタルのバイリンガル教師として活躍するIB経験者2名が、「IBとは具体的にどのようなプログラムなのか」「IBの授業を通してどういったスキルが身につくのか」という内容を前編・後編に分けて解説します。

 2人目のIB経験者Iさんは、中学~高校時代にアメリカで国際バカロレアの教育を英語で受けました。その内容について、「とにかくハードですが、非常に充実した教育プログラムでした」と語っています。

最後の試験は大学レベル!? IBディプロマ・プログラム(DP)の内容

 Iです。国際バカロレアの教育を受ける生徒はどのようなプログラムで、どのように成長するのでしょうか。今回は筆者の実体験から、国際バカロレアのプログラムの解説と、IB教育で得た3つのスキルについてお伝えします。

 近年、注目を浴びているIB教育は、対象年齢ごとに下記の3つのプログラムに分けられます。

  • 3歳~12歳:PYP (Primary Years Programme プライマリー・イヤーズ・プログラム)
  • 11歳~16歳:MYP(Middle Years Programme ミドル・イヤーズ・プログラム)
  • 16歳~19歳:DP(Diploma Programme ディプロマ・プログラム)

 ここでは、16歳から19歳の大学入学前の生徒を対象とした「DP(ディプロマプログラム)」について、実体験をもとに解説していきます。

 2年間のプログラム期間中に、どのようなことを学べるのでしょうか。

 DPには、<言語と文学・言語習得・個人と社会・理科・数学・芸術>という6つのグループ(教科)があります。各分野から1科目ずつ(もしくは芸術の代わりに他の5グループからもう1科目)選ぶことができ、合計6科目の授業を受けます。2年間これらを幅広く学び、最後に各科目で試験を受けます。試験には大学レベルの問題もあり、自分の意見を求められるような筆記試験(エッセイ形式)が多く出題されます。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事