新紙幣で沸く津田塾、北里大に続くか 創設者名が付けられた大学たち!!

 津田塾大、北里大の関係者は盛り上がっている。大学にゆかりのある津田梅子、北里柴三郎が、新紙幣の肖像画に描かれることになったからだ。

 五千円札で描かれる津田は、1900(明治33)年、女子英学塾を開校している。1871(明治4)年、6歳でアメリカに渡り、17歳で帰国して女子の高等教育の発展に尽力した。

 千円札に登場する北里は、1914(大正3)年に北里研究所を設立した。1962(昭和37)年、北里を「学祖と仰ぎ」、北里大が開学する。

 いずれも大学の起源となる教育、研究機関の創設者名が、大学名に付けられた。ここには創設者に対する最大の敬意が払われている。

 大学名に創設者の名が付されているところがいくつかある。紹介しよう(カッコ内は大学開学年、所在地)。

 大妻女子大(1949年、東京)の起源は、明治時代までさかのぼる。1908(明治41)年、大妻コタカが24歳のときに開いた裁縫、手芸の私塾だ。その後、大正時代になって大妻技芸伝習所を設置する。現在の大妻女子大の伊藤正直学長は、2019年の入学式の式辞で創設者をこう説明している。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事