甲府西高バカロレア認定 公立初 グローバル人材育成へ!!

 県立甲府西高校(甲府市)が1日、国際的な視野を持った人材を育成するための教育プログラム「国際バカロレア(IB)」の実施校に認定された。県内の高校では山梨学院高校(同市)に続き2校目で、公立では初めて。

 IBは、国際バカロレア機構(本部・スイス)が認定。年齢などに応じた四つのプログラムがあり、甲府西高校は16~19歳を対象にした「ディプロマ・プログラム(DP)」を導入する。英語や理科、数学など所定の科目を2年間履修し、最終試験で一定の成績を収めると、国際的な大学入学資格が与えられる。

 県教育委員会によると、同校では今年度、教育課程の検討や学習環境の整備を進め、来年度の入学生からDPを導入。DP科目の実施は2、3年生を対象としている。

 県教委は、国際社会で活躍できる人材の育成を目指し、2016年に同校へのIB導入を決め、昨年9月に申請書を提出した。県教委の市川満教育長は「グローバルに活躍する人材の育成のみならず、県全体の教育の発展に資するものと期待している」とのコメントを出した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事