日本とカナダ。「どこの人?」と聞かれた僕の答えへの納得感が違った。

日本とカナダ。「どこの人?」と聞かれた僕の答えへの納得感が違った。

インド出身の元日本史教師、ダッタさん。「“日本人“という感覚は江戸時代に生まれたもの」

「僕は、日本が保守的であるとも、他国と比べて非寛容的であるとも思っていません。固定観念でこのように語られがちですが、これまでの日本は危機に直面した際、柔軟に変化や異文化を受け入れてきました」

インドの国籍を持ち、大阪の私立高校で日本史を長年教えてきたシャミ・ダッタ先生はこのように語ります。現在は、東京の大学院で教員養成に携わりながら、国際バカロレア教育の教育実践に取り組まれています。

 

——ダッタ先生、お忙しいところありがとうございます。本日はよろしくお願い致します。早速ですが、来日されたきっかけ、そして日本人に日本語で日本史を教えるようになった経緯などをお話しいただけますか?

 

「僕は13歳までニューデリーで育ちました。母語はヒンディー語とパンジャブ語ですが、教育は英語で受けました。その後、日本に引っ越してきてからは、東京の高校に通いながら日本語の勉強を始めました。もともと物理が得意だったのですが、日本史の魅力に惹かれ、日本の大学で日本史を専攻することにしたのです。学部を卒業後、恩師に背中を押され、カナダの大学院で日本史の研究をすることになりました。ちょうど大学院での研究が終わる頃、新しく設立されるというユニークな学校から日本史の教員としてのオファーをいただき、教師として日本で働くようになりました」

続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事