日本も直面する、AI時代の「新しい仕事」と会社のあり方 by リンダ・グラットン!!

日本も直面する、AI時代の「新しい仕事」と会社のあり方 by リンダ・グラットン

AIにより人間の仕事がなくなる —— この示唆は以前から指摘されているが、ほんの数年前と比較すると2018年はトーンが変わってきていると感じる。技術企業によるAI分野の競争が激しくなっており、控え目なことは言ってられなくなってきたのだ。

仕事はかなりの数がなくなるだろうから備えよというのが、テクノロジー企業のメッセージだ。腹を据えたからこそ、ポジティブな楽観論も目立つ —— IBM、SAP、セールスフォースらは、新しい仕事が生まれるという考えを打ち出すと同時に、それぞれ「(再)教育」を支援する取り組みを進めている。

これらは技術を販売するベンダー側のメッセージだが、有識者はどうだろう?

ロンドンビジネススクール教授でマネジメントや組織論を教えるリンダ・グラットン氏が6月、英ロンドンでRPA(ソフトウェアロボットによるプロセス自動化)ベンダーBlue Prism社のイベントで語った。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事