論文引用数は9位に後退、費用と“書く時間”がない日本の研究者事情!!

論文引用数は9位に後退、費用と“書く時間”がない日本の研究者事情

 12日、政府が閣議決定した今年度の科学技術白書の内容は、「日本の科学技術は力が急激に弱まった」という憂うべきものだった。中身を見ると、日本の論文数は2004年の6万8000件をピークに2015年は6万4000件に減少。引用数上位1割の論文は、2003-2005年の4601から2013-2015年は4242となり、順位も4位から9位に後退した。

 上位国の論文数・引用数が軒並み増えている中、影響力が落ちている日本。政治学者で東京大学先端科学技術研究センター助教の佐藤信氏もその状況を嘆く。

 「東大先端研の歴史を調べてみると、この10年で会議や事務作業が膨大に増えている。研究不正問題に対応するための委員会とか、文科省の方針への対策会議といった形で役職が増えていて、研究の時間がなかなか取れず論文を書く時間もない。世界へのインパクトが小さくなっているのは憂うべき状態」

 また、大学等教員の職務活動のうち研究が占める割合は、2002年の46.5%から2013年には35.0%に減少。佐藤氏は「5年前のデータなので、今はさらに下がっていると推測される。研究者といってもあまり研究できないという状況が根本にある」と述べた。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事