娘2人をバカロレアで育てた日本大使が語る「得意なことが芽生える教育」!!

娘2人をバカロレアで育てた日本大使が語る「得意なことが芽生える教育」

日本は、グローバル教育推進の一環として、国際バカロレア(IB)を推進しようとしている。2013年、政府は2018年までに国際バカロレア認定校を200校にする目標を掲げた。2016年に、「2020年までに、200校以上」と事実上目標を修正したが、今のところ準備段階の学校も含めても目標の6割程度となっている。

坪谷氏は、1957年神奈川県出身。75年に単身で渡米し、イリノイ州立西イリノイ大学に入学。85年に帰国して、通訳専門学校に勤めたのち、「イングリッシュスタジオ(現・東京インターナショナルスクールグループ)」の設立を経て、95年に「東京インターナショナルスクール」を立ち上げた。同校は、国際バカロレアの認定校となり、2012年には国際バカロレア機構アジア太平洋地区の委員(現日本大使)に就任。バカロレア本部と日本政府との橋渡し役も務めてきた。

坪谷氏はバカロレア普及以外にも、軽度発達障害の子どものための学校や、働く母親のためのオールイングリッシュの学童保育を開設するなど精力的に活動している。バカロレアの意義や課題、そして坪谷氏を動かす原点は何か。インタビューを2回にわたって、お届けする。

バカロレアは「違いを認める学び」

――まずはじめに、バカロレアの歴史や理念について、教えて下さい。

バカロレアは今から50年前の1968年にスイスのジュネーブにあるインターナショナルスクールで生まれました。

そのころのジュネーブは世界の国際機関が集まる都市で、そのインターにはいろいろな国の子が通っていた。一番困ったのが高校3年生になった時。各国の子どもが自分の国の大学に行こうとしたら、国によって試験が異なる。でも、ひとつの学校で何十カ国もの試験の対応はできない。それで世界共通の成績証明書のようなものをつくれないだろうか、と先生たちがプログラムを考えたのです。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事