「使える英語」を身につけるには? 松本茂先生(立教大学教授)に聞く!!

「使える英語」を身につけるには? 松本茂先生(立教大学教授)に聞く


目標を定め、英英辞典を活用

──英語を英語で学ぶ必要があると聞きました。どう実践すればよいのでしょうか。

使える英語を身につけるには「英語を日本語に」「日本語を英語に」訳して理解する習慣から脱却する必要があります。

英語のまま理解したり、英語で考えたりすることができるようになるには、分からない単語や熟語は英英辞典で調べ、ほかの英語表現に置き換えて覚えるようにしましょう。

また、やさしい英語で書かれた本をたくさん読んだり、ストーリーを知っている映画を字幕なしで観たりすることが大切です。そして、読んだり聞いたりした英文の概要を英語でまとめたり、感想を英語で書いたり、言ったりする練習をしましょう。

アウトプットを意識しよう

──インプット(聞いたり、読んだり)するとき、何を意識するべきでしょうか。

読んだり聞いたりするときに、その後に行うアウトプット(話したり、書いたりすること)の目的や形式などを意識しないと、漫然とインプットすることになってしまい、効率が上がりません。

例えば、教科書の英文を読む活動をする場合にも、読んだ後に、英語でサマリー(要旨)を書くのか、読んだ内容について質問するのか、英文の内容に関してディスカッションをするのか、あるいは立場を決めてディベートをするのかによって、読み方も変わります。ディスカッションをするのであれば、読みながら「この箇所は自分と意見が近いから使えるな」とか、「この部分は自分の意見をサポートする情報として使えるな」といった読み方をする必要があります。

期限を定めて明確なゴールを決めることも大切です。例えば、「高校を卒業するまでに、自分の町の良さについて英語でプレゼンテーションできるようになる」といったように、英語を使うという観点から目標を設定してください。学校の英語の先生が、「CAN-DOリスト(学習到達目標)」をすでに作成していて、みなさんにもお示ししていたら、それを参考にしてください。もし見たことがないという場合には、英検やGTECのCAN-DOリストを参考にしてください。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事