僕たちはどうして勉強しなければならないのか【東大新聞オンライン編集長より受験生へ】!!

僕たちはどうして勉強しなければならないのか【東大新聞オンライン編集長より受験生へ】

僕たちは何のために勉強するのだろう。

良い大学に入れば良い人生が送れるから? 成績が良いとほめられるから? 志望校に受かると喜んでくれる人がいるから?

国公立大学の二次試験を3日後に控え、今日も机に向かってペンを握っている受験生の皆さんには、人それぞれ様々な理由があるのではないかと思う。でも今日は5分だけ、「どうして勉強をしなければならないのか」という疑問の、根本的な理由を考えてみよう。多くの大人が「勉強しろ」と言うのにはきっと、(もしかしたら言っている本人は気づいていないかもしれないけど)とても大事な理由があるはずだ。

 

 

「良い大学に入れば良い人生が送れる」わけではない

はじめにこれだけは言っておきたいけど、「良い大学に入れば良い人生が送れる」というのは嘘だ。もし「良い人生」というものを、「良い企業」に就職して「良い伴侶」を見つけて「良い仕事」をすることだと思っているのなら、東大など偏差値の高い大学に入るのは得策かもしれない。

でも就活が思うように行かなかった東大生にその理由を聞くと、「自分がどんな仕事をしたいのかわからないまま就職活動をしていた」という答えが返ってくることが多い。漠然と「良い人生」をイメージしたまま、自分が何を得意としていて、何をしたいのか考えないと、就職してから何のために生きているのか悩むことになりかねない

「良い職業」につけば将来安泰?

それでは、勉強すれば弁護士や医者といった「良い職業」につくことが出来るからだろうか。それも違う。

2013年にオクスフォード大学の二人の人工知能研究者が提出した論文では、今後数年のうちに人工知能や機械に取って代わられうる職業のリストが挙げられている。驚くべきことに、そこには融資を担当する銀行員や、簿記や会計の仕事、そして弁護士や医者といった専門家が担っている仕事の一部も挙げられている。

 

東大で人工知能を研究する松尾豊准教授は、マーケティングや、医療の診断、防犯監視システムといった、データを抽象化して分類するたぐいの仕事は、人工知能に取って代わられるかもしれないと語っている。(日本の人工知能が、Googleに勝つ唯一の方法 松尾豊准教授インタビュー2) 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事