Route H、ハーバード大生と高校生の交流会3/12-13…高校生40名募集!!

Route H、ハーバード大生と高校生の交流会3/12-13…高校生40名募集

ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大学への進学希望者向け進学塾「Route H(ルートエイチ)」は、2018年3月12日にハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生50名と、3月13日にハーバード大学部生11名と、日本の高校生40名との交流会を開催する。3月10日まで参加高校生を募集する。

 ハーバード大学部生の来日は、2003年に設立されたハーバード大学に本部を置く学生主体の団体「HCAP(アジアにおけるハーバード大プログラム)」によるもの。アジア各国との相互理解の促進を目指し、将来世界のリーダーとなる学生たちのパートナーシップを築くことを目的に、毎年アジアの大学から5校が選考され交流が行われている。一方、ハーバード大ケネディスクール生の来日は、同スクール日本会の企画によるもの。学部生との交流会は2017年度で12回目、ケネディスクール生との交流会は2011年度から7回目の開催となる。

 今回の交流会プログラムは、高校生とハーバード大生が海外トップ大学で学ぶ意義などについて対話する形式で進められる。ハーバード大ケネディスクール(HKS)生との交流会では、HKS生が自身のキャリアやHKS志望理由、将来の目標などをグループ別にプレゼンするほか、HKS生と高校生によるグループディスカッションを実施。ハーバード流の課題解決のステップを学びながら、ある課題について解決方法を議論する。

 ハーバード大学部生との交流会は、学部生11名に加え東京大学の学部生11名、高校生40名にて行われる。ハーバード大生、東大生によるスピーチや大学紹介のほか、「大学生活の理想と現実」をテーマにしたディスカッションを実施。終盤には自由歓談の時間も設けられている。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事