保育園、全て落ちた私に何が起こったか。保活に感じた3つの違和感!!

保育園、全て落ちた私に何が起こったか。保活に感じた3つの違和感

深夜に検索、睡眠時間激減

まず何をしたか。厚労省のHPから保育所一覧表をダウンロード。書かれている住所と最寄り駅から、自宅から徒歩・自転車圏内はもちろん、通勤途中に寄れそうな園を片っ端からピックアップした。夜のうちに問い合わせメールを送った。

作業は深夜だ。当時、生後半年ちょっとだった息子はまだ、一人で遊ばせておくのは難しく、一緒にいる状態ではPCはおろかスマホでも、保活に時間を割くことは難しかった。

厚労省のリストとは別に「保育園 認可外 目黒区」の組み合わせで、ネット検索もした。ツイッターで、保育士の求人募集をチェックすると新設園の情報が分かるという書き込みを見てからは、「新設 保育園」「目黒区 保育士募集」も頻繁に検索した。夫は基本的に朝8時前には家を出て、帰ってくるのは22時を過ぎる。毎日の進捗状況を共有するのも深夜になった。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事