日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか <教育への日本の公的支出が少ないことはよく知られているが、子ども1人あたりの支出額で見てもOECD加盟国で最低レベルだった> 日本は経済大国だが、教育にカネを使わない国であることはよく知られている。その根拠とされるのが、GDP(国内総生産)に占める公的教育費の支出額の割合だ。 今月公表されたOECD(経済協力開発機構)の2017年版の教育白書によると、2...

【解答速報あり】数学甲子園2017 本選レポート。今年の難易度は!? 今年も数学甲子園(全国数学選手権大会)が開催され、全国の中・高・高専生による熱い戦いが繰り広げられました。リケラボ読者のみなさんのなかにも、出場を目指していたという方がいるのでは? 今年は、いったいどんな大会だったのでしょうか。ということで、リケラボでは9月17日(日)に都内で行なわれた本選の模様をレポートします! また、記事の...

現小4・5年生が利用、英語教材「We Can!」公開…山中伸弥教授や五輪も題材に 文部科学省は9月21日、新学習指導要領に対応した小学校高学年用外国語教材「We Can!」1および2を公開した。「We Can!」に対応した教室用デジタル教材などとあわせ、今年度中(平成29年度中)に希望する全小学校へ配布する予定。  平成32年度(2020年度)から全面実施される新学習指導要領への円滑な移行のため、...

通学路見守りは「教員の業務外」 中教審部会が分担案  教員の働き方改革を議論する中央教育審議会の特別部会は22日、登下校時の見守りや各種の調査への回答など、一部を教員が行っている5つの業務は「学校以外か教員以外が担うべきだ」とする対応案を示した。部活動は「地域単位の取り組みに移行し、将来は学校以外が担う業務として整理し得る」としている。役割分担を明確にして教員の負担を減らす。  部会では教員が授業...

【世界の大学事情】第7回 「ブレグジットと来たるべきヨーロッパの姿」「イギリスの教育評価制度(Teaching Excellence Framework)とその展望」「欧州大学における経済危機の余波」 その1:『ブレグジットと来たるべきヨーロッパの姿』(Brexit and the European Shape of Things to Come)(IHE #87: 2016年) Fiona Hu...

筑駒vs.開成、慶應vs.早稲田…W合格で選ばれるライバル校は?〈週刊朝日〉  先日、文科省が東京23区内の私立大学に対し18年以降の入学定員増を認めないことを決めたとの報道があった。すでに入学定員厳格化は始まっており、進学塾関係者は「私立中高一貫校が軒並み早慶GMARCHの合格者を減らしている。都内の私大の難易度が上がるのは目に見えており、付属に行っておいたほうがいいと思う人が増える可能性もある...

英語のペーパーテストの採点を自動化できる「英語手書き認識採点システム SiF」  サインウェーブは9月20日、英語のペーパーテストの採点作業を自動化し、テストを速やかに採点・分析することで、効果的なフィードバックができる「英語手書き認識採点システム SiF」をリリースしたと発表した。  英語手書き認識採点システム SiFは、AI(人工知能)画像解析エンジンを搭載しており、手書き答案を読み込み、文字...

大規模試験の記述式問題を自動採点、韓国教育課程評価院がプログラムを開発   大学修学能力試験(修能)など様々な試験に記述式質問を導入すべきだという声が後を絶たないが、採点の難しさがネックとなってきた。ところが、大規模な試験で主観問題を採点できる技術的基盤が出来上がった。 韓国教育課程評価院は20日、大規模試験で生徒たちが作成した記述式答案を効果的に採点できる「韓国語の記述式問題の自動採点...

小5、小6向け英語教材 移行期間用に文科省が公表    文部科学省は21日、英語が正式教科となる次期学習指導要領を実施する前の移行期間(2018、19年度)に小学5、6年生が使う英語教材「We Can!」を公表した。英語に親しみやすいように従来の教材で重視していた「話す・聞く」力に加え、中学から本格化する「読む・書く」力も育てる。今年度中に全国の国公私立の小学校に配布する。  小5、6年...

日本語教師 ※Skype面接可 新卒も可!小中高生に日本語を教えたいという意欲のある方。 Kasetsart University Laboratory School, Multilingual Program /勤務地:タイ チョンブリ 求職者へのメッセージ = 小中高一貫教育のため、日本人教師は小学校低学年に対する「ひらがな教育」から高校3年生に対するみんなの日本語50課までの日本語一貫教育を...

✨十文字学園での実践事例!
ICT 研究 , NT 研究 / 2015年3月12日

十文字学園の高瀬先生の英語の授業実践が学校のHPてに紹介されておりましたので、ご紹介致します。 NTのデジタル教材を使った写真やShow & Tell!の授業風景が掲載されておりますのでご覧ください。 通常の黒板にワイド版のデジタル教材がどのように投射されているかもわかりますので、次年度ご使用される学校の先生にはとても良い情報になります。     ESN研究会 総合代表...

✨第2回 NT Workshop in Tokyo決定!!
NT 研究 / 2015年3月9日

第2回NT Workshop in Tokyoを下記日程で開催いたします。 日時 3月28日(土)14:00-17:00 場所 十文字中学高等学校 内容 1 NT実践報告と情報交換 参加者同士のフリートークから始めたいと思います。自己紹介から始めて、普段からお悩みのこと、他校の先生方にきいてみたかったことなど、気軽に情報交換しましょう。 2 NTと学力テストの整合性分析報告 この一年、NT Sta...

✨Dr. Ofelia Garciaが来日!

Ofelia Garcia 博士講演会 「トランス・ランゲージングの理論と実践」 および日本におけるトランス・ランゲージング研究中間報告会のお知らせが来ております。ご興味、ご関心のある方は、是非ご参加ください。 日程と場所は、添付リンクの日本語版と英語版をご参考にしてください。 Dr. Ofelia Garcia’s Lecture, “Theory and Practices of Transl...

✨NFLJに参加しましょう!

アメリカで実施されております「NFLJ」をご紹介致します。この大会は、アメリカで最大のスピートとディベートコンテストです。このプログラムが日本に上陸します。国内の本大会は2015年7月に実施されます。その準備として数回国内でミニコンテスト(準備練習)が実施されています。 今回は、3月29日(日)に渋谷のigsZで実施される予定です。申し込みの締め切りは、3月23日までです。ご参加希望の方は、お急ぎ...

✨コロコロの「ログインページ」を整備しました!
ICT 研究 / 2015年3月4日

この度、コロコロイングリッシュのログインページがやっと完成しました。語彙学習理論の説明、コンテンツの詳しい説明、そして生徒たちのありがたいコメントなどが、初学者にも分かりやすく載っていますので、是非ご覧ください。 また、ログイン後の「コロコロ英文法」というページに、英文法のFlash教材を載せています。授業でも使えるし、自学習でも完結できるつくりになっています。外国語話者が英語を話したり書いたりす...

✨懐かしいpen pal授業紹介!
英語教育全般 / 2015年3月3日

水口研究員からのブログ投稿がありましたので、最新情報にアップ致します。pen palとは、とても懐かしいですね。でも、逆に現代の子供たちには新鮮かもしれません。 ブログは、ここから!

✨第5回 NEW TREASURE WORKSHOP IN KYOTOの開催!
NT 研究 / 2015年2月21日

第5回New Treasure Workshop in Kyotoを3月14日(土)に京都橘さんを会場としてお借りし開催いたします。ワークショップの内容としては、シラバスやカリキュラムに関わる情報交換と、2~3校の先生方による模擬授業形式の発表を中心に予定しております。来年度新たにNew Treasureを教科書を使用される先生方にとって、また、現在New Treasureを使用されていて、授業の...

✨会員専用教材室の開設!
英語教育全般 / 2015年2月13日

会員専用教材室を開設致しました。公開可能な論文や教材などがダウンロードできます。IDとPWをご希望の方は、ESN研究会の会員登録をして頂き、お問い合わせください。また、このページに公開可能な論文や教材のご提供をお願いいたします。 ただし、著作権や貴重な論文・教材に関しては、プレミア会員専用の教材から発信を致しますので、ご希望を申し出てください。プレミア会員専用には年会費の支払いが必要になります。