外国語の教科化「伝えたい」という意欲を育てる 小学校の教育!!

外国語の教科化「伝えたい」という意欲を育てる 小学校の教育

今回の学習指導要領改訂(2018年度から移行措置期間、2020年度から小学校で完全実施)による小学校での教育の大きな変更点は、「外国語を、小学校5・6年生から教科とする」「道徳を教科とする」「プログラミング教育を導入する」の三つです。

 新学習指導要領作成の中核的メンバーであり、全国の学校の先生がこれからの授業づくりの参考書としている『「資質・能力」と学びのメカニズム』(東洋館出版社)の著者・奈須正裕先生(上智大学)に、今回はこの三つの変更点のうち「外国語の教科化」についてうかがいました。

「外国語活動」の成果を受けて教科化へ

 小学校への英語導入については、30年ほど前から議論されてきました。平成10年の学習指導要領改訂の際には「総合的な学習の時間」で実施可能な国際理解教育の一環として「外国語活動」が提起されます。さらに平成20年の改訂では、5・6年生で週1時間の「外国語活動」として制度化されました。

 外国語活動の目的は、外国語によるコミュニケーションと、その背景にある外国の文化に「慣れ親しむ」ことです。文法や文字は教えず、ゲームや歌などを通じて英語に親しみ、コミュニケーションへの意欲を高めていきます。  続き・・・