粘菌高校生と水銀中学生~ニュースの片隅から考える「理科格差」!!

粘菌高校生と水銀中学生~ニュースの片隅から考える「理科格差」

論文投稿準備中

こんな高校生がいれば日本の未来は安心…スーパー高校生登場というニュースは、暗いニュースばかりの昨今を照らす一筋の光だ。

小学1年の時に2種類の変形菌を調べ、その成果が国立科学博物館の野依科学奨励賞に輝いた。その後もテーマを発展させ、9年連続で受賞した。

出典:朝日新聞ウェブ

凄い高校生は現在16歳。中高一貫校に通う。書籍を発表し、論文も投稿準備中だという。

この生徒さんは、「未来を創る科学技術人材育成プログラム 筑波大学GFEST (ジーフェスト・Global Future Expert in Science and Technology)」に所属している。

このプログラムは、自主研究を行っている人向けのスーパーサイエンスコース(SSコース)と、科学技術オリンピックに挑戦している人向けの科学トップリーダーコース(TLコース)からなる。ともに専門家からの手厚いアドバイスが受けられるという。

スーパー高校生が続々と誕生

最近この生徒さんのような凄い高校生のニュースを聞くことが多くなってきたような気がする。

ほんとうに頼もしい限りだ。

水銀を持ち帰り…

すごい高校生たちの活躍のニュースに喜んでいた同じ頃、中学生が水銀を自宅に持ち帰りこぼしてしまったというニュースを目にした。

静岡市教育委員会によりますと、去年9月、静岡市清水区の「清水第五中学校」で、生徒の一人が理科の授業で使った水銀を持ち出しました。

出典:テレ朝ニュース

教師が鍵をかけていなかった倉庫から持ち出したという。「自宅で実験がしたかったから」だという。

水銀という劇物の管理の問題など、この件を擁護するつもりはない。ただ、自宅で実験をしたかったという好奇心旺盛な中学生を、なんとか適切に支援できないものかと思う。  続き・・・