文系でもAI人材に 学生起業家が挑む1万人育成!!

文系でもAI人材に 学生起業家が挑む1万人育成

 今や企業から引っ張りだこの人工知能(AI)エンジニア。インターネットやセンサーなどから大量のデータを集め、機械学習などの手法を用いて分析し、業務を自動化・効率化する――。こんな一連の業務を担うのがAI技術者だ。ニーズは高く、米国では新卒でも年収10万ドル(約1100万円)は下らないといわれ、日本でも2020年までに4万8000人不足するとの指摘もある。AI人材の研修や採用支援に取り組むSTANDARD(スタンダード、東京・新宿)代表取締役の石井大智さんに育成法を聞いた。

■受講の学生、3割は文系

 「AI人材になるには、さすがに数学オンチでは難しいかもしれませんが、文系の方も少なくありません」。こう話す石井さんは、早稲田大学創造理工学部経営システム工学科の3年生だ。現在は休学してスタンダードの経営に専念している。

 現在、スタンダードのeラーニングを活用してAI技術者になるための研修を受けているのは、学生約200人と社会人約100人だという。受講している学生の約3割は文系だ。社会人の内訳はシステムエンジニア(SE)が約3分の1で、ほかは企業でデータ分析やマーケティング部門に所属する社員。社会人も理系出身ばかりではない。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事