「学習ログの分析」に期待:堀田龍也氏(教育工学者)!!

多くの学校で情報端末やデジタル教材を使った授業が行われるようになり、2020年度には全国の小学校でプログラミング教育が開始される。2018年、教育ITはどのような段階にあり、どのようなトピックに注目するべきなのか。5人の識者の視点を紹介する。

「学習ログの分析」に期待:堀田龍也氏(教育工学者)

堀田龍也氏

 2018年は学習ログの分析の研究や実践に注目しています。1人1台の情報端末の活用が多くの自治体で現実的なものとなってきました。情報端末ではさまざまなコンテンツやツールが活用されます。

 情報端末で活用されるコンテンツには、学習者用デジタル教科書やデジタル教材があります。これらは内容によって単元や小単元に分割されており、その中に関連する問題等が構造化されて格納されています。したがって,学習者がどのページのどの問題にどれだけの時間をかけ、どのような解答をし、正誤はどうだったかという学習ログの収集と分析が期待されます。これらの学習ログの分析は,1990年代に学校現場でのCAIの実践研究の学習履歴分析の研究成果が援用されることでしょう。

 情報端末で活用されるツール類には、学習者がどの機能をどの順番でどのように活用したかの学習ログの収集と分析が期待されます。これらの分析により、学習者の思考が可視化され、思考パターンの類型化や多様性の研究が進むでしょう。これらをリアルタイムで学習者間のグルーピングに適用したり、教師にフィードバックすることによって授業中の教師による学習支援をより確かなものにする実践研究が行われることでしょう。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事