「国際バカロレア」が作る世界で生きる力 ――日本の「知識注入型」教育を変え、2018年までに認定200校を目指す!!

「国際バカロレア」が作る世界で生きる力 ――日本の「知識注入型」教育を変え、2018年までに認定200校を目指す

 

近年、「国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)」が日本の教育界に新風を吹き込んでいる。

文部科学省は2020年の大学入試センター試験の改革を機に、2018年までに国際バカロレア認定の高校を現在の35校から200校まで増やすという意欲的な施策を推進中だ。英語だけでなく日本語の授業も可能になり、入試にIBの成績を導入する大学も着実に増えてきた。

国際バカロレアとは一言で言えば、「世界共通の大学入試資格とそれにつながる小・中・高校生の教育プログラム」。多様な文化への理解や尊重を重視し、グローバル社会を生きるために必要な知性や人格、社会的スキルを磨く。教師から一方的に知識を注入される従来の学習とは異なり、生徒は自分で調べ考え意見を述べる教育のもと、世界で生きる力を身に付けていく。

国際バカロレア機構アジア太平洋地区委員として普及に奔走する坪谷ニュウエル郁子さん(東京インターナショナルスクール理事長)に、いま注目の国際バカロレアについて分かりやすく解説をしていただくとともに、ご自身の体験や今後の抱負、課題等について伺った。 続き・・・