「世界一の教育」オランダの小学校は日本とはレベルが違った!!

「世界一の教育」オランダの小学校は日本とはレベルが違った

「オランダ語を話せないということなので、当校ではお嬢さんを受け入れられません。その代り、オランダ語を話せない子供が通う私立の小学校があるので、そちらに行かれてはいかがですか?」

「ええっ! そんな学校があるんですね。……でも、お高いんでしょう?」

「いいえ、ところがなんと学費無料なんです!」

そんな通販チャンネルのような会話が、筆者の一家とオランダの小学校とのファーストコンタクトだった。筆者は、オランダに移住してから2年半になる。一人娘が当地の小学校に通い始めてからも同じだけの時間が経過したが、思い返してみると新鮮な驚きに満ちた日々だった。それもそのはずで、近年は「オランダの教育は世界一」とも言われているのだ。

これは、ユニセフ(UNICEF)の調査に基づく事実。世界の子供の支援や「子供の権利条約」普及に努めるユニセフは、数年ごとに先進国の子供を対象とした「子供の幸福度リポート(CHILD WELL-BEING IN RICH COUNTRIES: A COMPARATIVE OVERVIEW」を調査・発表している。2013年に発表された最新版(2017年12月現在)で、オランダが5項目中3項目(物質的豊かさ、教育、生活習慣)で1位を獲得し、先進国を中心とした29の国と地域の中で総合点で「世界一」を獲得したのだ。

では、具体的にオランダの教育は何が素晴らしいのだろう? ユニセフのリポートとは異なった視点から、「世界一の教育」となったオランダの現地校に子供を通わせている保護者である筆者が、数回に分けて書いていきたいと思う。  続き・・・