国家予算500億円を投じた「全国学力調査」が有害無益な理由!!

国家予算500億円を投じた「全国学力調査」が有害無益な理由

こんなことを10年もやってきたのか…

半日で終わるイベントに、毎年50億円の国家予算が使われている。小学6年・中学3年の全生徒が受ける「全国学力調査」である。教育現場からは種々の弊害への悲鳴が聞こえる。

子どもや教師に有意義な調査となっているのか。今後も巨額を投じていく意味があるのか。開始から10年目を迎えた今、立ち止まって考えたい。

テストから採点返却まで5ヵ月

2017年4月18日、ある親子の会話
「学校でテストがあったよ」
「よくできた?」
「難しかったよ。学校で習ってる内容と違うし」
「そのうち先生が教えてくれるよ」
「でも、採点結果が返って来るのは5ヵ月先だって。」
「えっ、夏休みの後まで返ってこないの?」……

という会話はフィクションだが、そんなテストが実際にある。文部科学省が国公私立の中3・小6の全生徒200万人を対象に実施する「全国学力調査」である。

毎年4月20日頃、全国一斉に実施される。新学年が始まり、名前を覚えて、クラスのまとまりを作り、一人ひとりの基礎学力を確認しながら新しい単元を教えていく時期。慌ただしいなかで半日の授業を削ってまで調査を行うことに、現場の負担感は大きい。

明日からの授業づくりに役立つならば意味はある。しかし実際は、今の授業範囲と異なる出題である(学校で使う教科書にも準拠していない)。

全生徒200万人分の集計と分析に時間を要するので、採点結果は忘れた頃に返ってくる。これを日々の授業内容に組み込んで活かすのは難しい。  続き・・・