なぜMITで「ゲーム理論」の授業が人気ナンバーワンとなったのか?

なぜ、世界のエリートは「ゲーム理論」をこぞって学ぶのか?

「ゲーム理論って難しい経済学の話でしょ。自分には関係ない」
ゲーム理論と聞いて、そう思う人は多いのではないだろうか。だが、ハーバード、スタンフォードで研鑽を積み、MIT、デューク大学のMBAで超人気となったマクアダムス教授によると、ゲーム理論とは、ビジネスから家庭生活まで、あらゆるシーンで使える「武器」なのだという。実際、現実世界への応用の方法を説く教授の授業は、毎回教室から人が溢れるほどの人気だ。
新刊『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている』より、なぜ世界のトップMBAの受講者たちがこぞって「ゲーム理論」を学ぶようになったのか、その秘密をご紹介しよう。

MITでナンバーワンとなった
「戦略的優位」の授業

 ゲーム理論について多少習った人でも、それを現実世界でどう利用できるのか、想像がつかないという場合がほとんどだ。

 現実世界における戦略の相互作用は、ゲーム理論の本や教室で提示される例のような単純なものではない。本当は何のゲームが展開されているのか、それすらも不明確という状況も多い。本書は、そうした複雑さから逃げるつもりも、そんなものは存在しないというふりをするつもりもない。むしろ、ゲームチェンジで新たな機会や手段を生み出す場として、現実世界の複雑さや曖昧さを歓迎していきたい

 そもそも、ゲームのプレイヤーは「合理的」である、という前提で考えるのは妥当なことだろうか。合理的であるならば、次に挙げる2つの条件を備えているはずだ。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事