日本の15歳 世界2位
「協力して問題解決する能力」OECD学力調査

 15歳を対象に「他人と協力して問題を解決する能力」を測った経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査の結果が21日発表され、日本の得点は参加52カ国・地域中2位、機構加盟の32カ国中では1位だった。課題解決能力に重点を置く近年の教育現場の取り組みや、グループ活動が多く協調性を重視する日本流教育が好成績につながったようだ。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事