ロンドン大の学位取得ができるプログラム!!

ロンドン大の学位取得ができるプログラム

「ゼミの武蔵」が実践する日本初の国際教育

「ゼミの武蔵」はグローバルの武蔵でもあった

世界で勝負できる人材の輩出が教育機関に求められる昨今。2022年に創立百周年を迎える武蔵大学では、創立者で「鉄道王」と呼ばれた実業家・根津嘉一郎(初代)のDNAを受け継ぎ、「自ら調べ自ら考える」「心を開いて対話する」「世界に思いをめぐらし身近な場所で実践する」という3つの目標を掲げている。

2017年に3期目となる、経済学部生を対象にした「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」では、ロンドン大学の国際プログラムを展開。一年次で実施する試験を通過した35名程度を対象に、世界最高水準の学術指導を行う。日本にいながらにしてロンドン大学の学位取得を目指せるのが魅力だ。

そして、2017年度からは、高度な英語力に加えて、異文化理解力を身に付ける「グローバル・スタディーズコース(GSC)」、データから社会現象を分析し、新たな価値を見出す力を養う「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」をそれぞれ人文学部、社会学部において新設した。  続き・・・