「スーパーグローバルハイスクール」はどんな教育をしているのか 意外と厳しい文科省の評価!!

「スーパーグローバルハイスクール」はどんな教育をしているのか 意外と厳しい文科省の評価

文部科学省が「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)という事業を実施していることをご存じでしょうか。文字通り「グローバルリーダー」を育成するためのカリキュラムをつくることが目的で、現在までに全国で123校(国立12、公立73、私立38)がSGHに指定されています。このうち2015(平成27)年度に指定された56校のSGHについて文科省は、中間評価の結果を公表しました。グローバルリーダーを育成するための教育とはどんなものでしょうか。

全国で123校、地域トップ校も

SGHは2014(平成26)年度からスタートした事業で、指定されれば高校としては破格の年間約1,600万円(上限)の補助金が受けられる他、学習指導要領に縛られない教育をすることが可能になります。全国公募した結果、2014(平成26)年度は246校中56校、15(同27)年度は190校中56校、16(同28)年度は114校中11校がSGHに指定されました。

一部には「スーパーグローバル」という英語はおかしいという批判もありますが、指定獲得の競争率を見てもSGHに選ばれることの大変さがわかると思います。また指定校には各地域のトップ校が少なくないというのもSGHの特徴の一つです。

SGHは指定期間が5年間で、指定3年目に文科省による中間評価を受けることになっています。発表された2015(平成27)年度指定のSGH56校の評価を見ると、「優れた取組状況であり、(中略)更なる発展が期待される」という最高評価を受けたのが4校、「研究開発のねらいの達成が可能と判断される」という優秀評価が19校、「ねらいの達成がおおむね可能」が17校、「一層努力することが必要」が12校、「当初計画の変更等の対応が必要」が3校、「経費の大幅な減額又は指定の解除が適当」が1校でした。   続き・・・