東大、ハーバード卒の起業母 子の中学受験避け田舎へ


 大学卒業後、日系企業でMBA取得のため米ハーバード大学に留学し、外資系企業を経て紅茶のネット通販会社を設立、現在は昭和女子大学客員教授の藻谷ゆかりさん。ハーバードMBA時代に出会ったご主人(エコノミストの藻谷俊介さん)と夫婦共通の信念を貫き、3人のお子さんたちが小学生の時、中学受験戦争が過熱する都市部から地方へ移住するという選択をしています。起業に至った経緯と藻谷さん家族のブレない教育論についてお聞きしてきました。(聞き手は藤村美里さん)

■育児と両立するために起業

――上のお子さん2人を出産されたのは、新卒後に入社した会社で働いていた時期だと聞きました。起業前はどんなお仕事をされていたのか、教えてください。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事