ビル・ゲイツが恐れていたのは「若い人」~スタートアップが世界で戦うために必要なこと

世界展開を目指すベンチャー企業がビジネスモデルなどを競う「スタートアップワールドカップ」(米フェノックスベンチャーキャピタル主催)の日本予選が10月18日、東京都内で開かれた。洗濯物の自動折りたたみ機を開発するセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが日本代表に選ばれたが、各企業のプレゼンに先立って、大手企業の経営者たちによるパネルディスカッションが行われた。

テーマは「スタートアップのグローバル化」。一橋大学イノベーション研究センターの米倉誠一郎特任教授の司会のもと、日本マイクロソフトの平野拓也社長とネットイヤーグループの石黒不二代社長、セガサミーホールディングスの里見治紀社長が「グローバル化」に向けた課題と対策について議論した。

心の壁を壊して「人を巻き込む力」が重要

なぜ、日本のスタートアップ企業が海外で挑戦すべきなのか。ネットイヤーグループの石黒社長は「IT企業にとって、グローバル化は必須の条件」と述べながら、その理由を次のように説明した。

「ITの世界で何が起こっているかというと、残念ながら、アメリカ企業の一人勝ちなんです。デジタルの新しい分野では、プラットフォームを作る企業が最終的に勝っていく。他の企業はそのプラットフォームの上で何かをやるしかない。そういうプラットフォームになるには、本当にグローバルでないといけない。そのためには人材や資本が必要ですが、最初からプラットフォームになる気概がないと勝てないと思います」 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事