日本語学校から東大へ 「母国の名門より入りやすい」

 日本の有名大への受験対策に力を入れる日本語学校が増えている。数学や地理歴史などをカリキュラムに組み込み、受験予備校の講師を招くところも。背景には「母国の名門校は門戸が狭い」と、東大や京大などを狙う外国人が急増していることがある。語学中心という従来の日本語学校のイメージから様変わりしつつある。

 10月12日、日本語学校の関西語言学院(京都市)で、約270人の中国人留学生がスーツに身を包み入学式を迎…  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事