海外進学は中学から:代ゼミがNYに拠点、ボーディングスクール留学事業スタート!!

海外進学は中学から:代ゼミがNYに拠点、ボーディングスクール留学事業スタート

少子化で、生き残りにしのぎを削る学習塾業界では、新たな市場の開拓を模索している。「SAPIX YOZEMI GROUP」(SAPIX代ゼミグループ)の新ターゲットは、欧米にある全寮制の私立高校「ボーディングスクール」への留学希望者だ。

【写真付き全文はこちら】海外進学は中学から:代ゼミがNYに拠点、ボーディングスクール留学事業スタート

ボーディングスクールとは、Facebookの創業者兼CEOのマークザッカーバーグ氏をはじめ、ケネディ元米大統領など世界の著名人を輩出しているエリート養成校。年間の学費は500~600万円に上る。

子どもをグローバル人材に育てたいと願う親にとって、ボーディングスクール進学はハードルは高いが憧れの選択肢。代ゼミグループの高宮敏郎共同代表は「海外進学は中学からがトレンド」という。

ニューヨークに拠点を新設

代ゼミグループは、2009年に小中高の学習塾「SAPIX」を傘下に収め、2014年は海外留学のプログラム「YGC」を始めた。同じ年の2014年、代々木ゼミナールの地方校舎の7割を閉鎖し、大胆な構造改革が話題になった。

次に着目したのが、海外への高校進学だ。

2017年7月に、ニューヨークのマンハッタンに、ボーディングスクールへの進学をサポートする「Triple Alpha」(TA)を設立。代表には、松井秀喜さんや田中将大投手のマネジメント会社で、スポーツ留学を扱っていた三原卓也氏(34)が就いた。

高宮氏は、「日本のトップスクールの高校から海外の大学を志望する子が増えているが、アメリカの大学は入りにくい。高校から(実際には中学3年から)海外の学校に留学して、そのまま海外大学に入ることがトレンドになっている」と話す。

2004年~2016年にかけてアメリカの高校で学ぶ日本人留学生数は2倍以上になり、留学生の大半がアメリカの大学進学を希望しているという。

年間600万円のエリート校

代ゼミグループがターゲットにした、ボーディングスクールとはどんな学校か。

欧米の全寮制私立大学で、アメリカには300校ある。名門大学の進学を目指すだけでなく、文武両道に注力する。授業の成績が良くないと、クラブ活動の練習を許されない。教育体制とクラブ活動の設備が充実している。

1校の平均的な敷地面積は、東京ドーム10個分超。プライベートゴルフ場やスケートリンク、大学並みの図書館や専用の劇場を持つ学校もある。授業は教師1人に対し、生徒は10~12人。男女共学も別学もある。

問題は予算だ。年間の学費は寮費も込みで500~600万円。成績や経済的な状況に応じて奨学金はあるが、それでも支給は100万円ほど。日本国内に資金を援助する財団もあるが、対象者は限られる。  続き・・・