普通の公立高が大化け 京大合格率上げた堀川の探究科 京都市立堀川高校の恩田徹校長に聞く!!

普通の公立高が大化け 京大合格率上げた堀川の探究科 京都市立堀川高校の恩田徹校長に聞く

 急速に進学実績を伸ばしてきた京都市立堀川高校。今や京都大学の現役合格率では、公立高校としてはトップクラスだ。1999年に「探究科」というユニークな専門学科を新設すると、2002年には国公立大学の現役合格者が前年の約20倍となり、「堀川の奇跡」と呼ばれた。普通の公立高校を一気に全国有数の進学校に変えた探究科とは何か。京都市中京区の堀川高校を訪ねた。

■信長ゆかりの地で堀川の奇跡

 京都の中心街、地下鉄烏丸線の四条駅から徒歩10分のところにある堀川。実はこの地は織田信長が明智光秀に討たれた本能寺が実在した歴史的な場所でもある。改革者と呼ばれた信長ゆかりの地で、21世紀の学校改革モデルとなった堀川の奇跡が起こったわけだ。

 堀川には週2回、探究基礎という授業があるが、1~2年生は相当の時間と労力をこれに費やす。10月10日、堀川は秋休みだったが、校内の自習室にはたくさんの生徒がいた。高校3年生の女子生徒に探究基礎について尋ねると、「地学ゼミに入り、カミナリの研究をやっていました。ピカッのあれです」とニコッと笑ってこう答えた。  続き・・・