通訳はメカにお任せ 富士通やNEC、TOEIC800点級

 訪日外国人が年間2千万人を超える中、英語などを自動で通訳する機器が登場している。NECは小型の通訳端末を発売し、富士通は病院向けの端末を開発した。人工知能(AI)の進化などで、実力は英語能力テストのTOEIC(990点満点)で「800点レベル」と折り紙つき。2020年の東京五輪に向けて、通訳端末が活躍する機会が増えそうだ。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事