海外経験もない北海道の学生がUWCを卒業しミネルバ大学に進学することになったきっかけ

片山晴菜

 

こんにちは、片山晴菜です。

前の記事で少し触れた通り、私は北海道札幌市で生まれ育ちました。地元の高校を退学したのち米国UWC-USAに進学するまでのおよそ17年間、海外経験も無ければ 英語で学ぶ環境に身を置いたこともありませんでした。周りの友人はみな スポーツや学校の勉強に励んでいた一方で、私は募金活動に奔走したり、国連でMDGs(国連ミレニアム開発目標、SDGsの前身)の研修を修了したり、と様々なことに手を出していました。するといつからか、同学年や後輩の保護者の方から「うちの子は遊んでばかりで何にも興味を示す様子が無くて。どうしたら色々なことに外向的に挑戦するようになるでしょうか」と相談されるようになりました。

スポーツや芸術・学問に一生懸命取り組む生徒や、わき目も振らず受験勉強に励む生徒を否定するつもりは全くありません。何か目標や好きな事があって、それにひたむきに努力する生徒や同級生のことはむしろ心から尊敬していますし、読者の方には私の言うことだけを鵜呑みすることの無いようにして欲しいと思います。  続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事