“英語で算数を考える子”を育てる小学校の教育!!

YESインターナショナルスクール学校長 竹内薫さんインタビュー

 

“英語で算数を考える子”を育てる小学校の教育

竹内薫さんインタビュー(中)トライリンガル小学校の1日ルポ 授業のこだわりは? 子どもたちの反応は?

横浜に誕生した、トライリンガル教育を行うYES International School。前回は同校の礎となる考え方について、学校長でサイエンス作家の竹内薫さんに伺いました。それでは、日本人の母語である国語、英語、プログラミングを、子どもたちはどんなふうに勉強しているのでしょうか。ランチタイムや休み時間の様子は? 実際に見学しながら、授業内容へのこだわりについてお聞きしました

 

「やだー!」と誰も言わない授業の濃度

 学校には8時からだんだんに子どもたちが登校してきます。そして1日のスタートは体を動かすことから。先生も生徒もみんな輪になって並び、ストレッチと体幹トレーニングをします。ほんとうは、授業の前に校庭でひと遊びできたら、というのが理想なのですが、現在、設備としてはビルの中の2つの教室のスペースなので、その中でできることをしています。

 朝、こうして体を動かすのは、脳を動かすことにつながるからでもあります。脳と体は切り離して考えがちですが、脳も体の一部であることは間違いありません。脳にも血が流れているから、運動しないと血液循環も栄養も豊富に届かなくなってしまいます。 続き・・・