そもそも教育は何のため?

2017年8月13日

そもそも教育は何のため?

■「教育哲学」は役に立つ
 「哲学」とか「教育哲学」とか聞くと、多くの方は、何か難しそう、とか、結局実践には何の役にも立たないよね、とか思われるんじゃないかと思います。ルソーとかフレーベルとかデューイとか、教員採用試験のために今覚えているけど、ほんとめんどくさい、なんて思われる方も、きっと少なくないと思います。

 でも、私は胸を張って言いたいと思います。教育哲学は、教育に関わるすべての人に、それはもうとんでもなく役に立つのだ、と。

 と言うのも、教育哲学の一番大事な仕事は、ひと言で言えば次のようなものだからです。すなわち、「そもそも教育とは何か?」「どうあれば『よい』と言えるのか?」という問いに、誰もができるだけ納得できる“ 答え” をとことん見出すこと、と。  続き・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。