メダカ、顔で仲間見分ける 東大など、メカニズム探る !!

2017年8月13日

メダカ、顔で仲間見分ける 東大など、メカニズム探る

 東京大学の王牧芸特任研究員と岡山大学の竹内秀明准教授は、メダカが人と同じように顔で仲間を見分けることができると実験で突き止めた。顔を識別する能力がほ乳類だけでなく魚にも備わっている可能性があることを示した成果だ。今後は様々な遺伝子を働かなくしたメダカで実験し、どのように顔を識別するかを詳しく調べる。

 人では目や鼻などのパーツを組み合わせた顔全体が、個人を見分ける際に重要だ。研究チームはメダカにも同様な識別能力があるか調べた。   続き・・・


 

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。