バイリンガル教育:学校英語 vs 使える英語


学校での英語教育のあり方がどんどん見直されていて、素晴らしいことだと思います。

日本の教育ではどうしても「大学の受験対策」が優先されるところもありますが、今回の教育改革実施計画でそこもかなり踏み込んでいるようですので、長期的には大きな効果が期待されるところです。

(英語嫌い予備軍の子どもにとっては、更につらくなるでしょうが…)

 

「教育改革」実施後も学校英語はあくまで基礎

一方で、逆に心配になるのが、「これでようやく日本人は英語をしゃべれるようになる」という誤ったメッセージを世間に伝えることにならないかということです。

 

英語教育に携わっている方々であれば、以下のことはおそらく共感いただけるのではないかと思います。  続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事