ドワンゴ川上会長単独インタビュー「僕らがディープラーニングで狙うもの」

「深層学習(ディープラーニング)によるAIの活用が、次のビジネスを大きく左右する」と言われて久しい。

KADOKAWAと経営統合した、ニコニコ動画の運営で知られるドワンゴも、社内に研究所を持ち、ディープラーニングに本格的に取り組んでいる企業のひとつだ。映像配信やコミュニティ運営がビジネスの軸であるドワンゴはAIをどのように活用しようとしているのか。川上量生会長の単独インタビューを通して見えてきた姿は「AIという道具の活用方法」だった。

ドワンゴ川上社長

ドワンゴ川上社長

脳を模して自ら学ぶ「ディープラーニング」

ドワンゴは、2014年10月に、自社の研究部門である「ドワンゴ人工知能研究所」を設立した。以来ディープラーニングの研究を続けている。ドワンゴの戦略を考える前に、AIの基本的なところからおさらいしておこう。

2000年代前半までのAIでは、人間がまず「判断するためのルールや特徴」を示す、俗に「ルールベースによる推論」と呼ばれる手法が多く使われていた。この手法の難点は、良いルールを作るのがきわめて難しい、という点にある。精度の高いルールを作ると確度は上がるが、応用範囲が狭まり、知性的な振る舞いをしなくなる。演算能力とデータ量の増大で性能は向上していったが、それでも「想定範囲を超えるような能力」を発揮できない。能力向上が踊り場にさしかかり、人間のような推論・認識は難しい……と言われてきた。   続き・・・


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事