Yale 大学の経済学部教授年棒4000万円~5500万円なり~日本人は安い

Yaleに留学中の知人が見つけてくれました。これって日本的には高いですか?東大総長で2500万円弱ですからね。世界的ブランドであるエール大学でもこれくらい払わないとタレント取れないのです。

アジアナンバーワンですが、世界的にはエールに比べたら弱いブランドの当校では買い負けないように、教授の質や分野によりますが、もっと高い処遇をパッケージで提示します。

分野によっては、世界的名門同業者のみならず、シリコンバレーや投資銀行やブティックコンサルがライバルになるから、こんなもんじゃなくなります。最近、もっと高額のオファーを出すのが中国の大学です。

世界のタレントが東京なぞにますますやっぱり来ない理由がよくわかるでしょう。

ちなみにシリコンバレーのAI関連分野の研究者は新卒で300万ドル(3億3千万円)だと友人のシリコンバレーAI起業家が言ってました。

日本人は安い。これをチャンスと捉えるやり方もあり、ピンチとして動く戦略もあり。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事