「2025年までに児童労働ゼロ」を実現するために。国際会議へ参加して協働を図り、そのアクションを加速させます。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。児童労働ネットワーク(CL-Net)(以下、CL-Net(シーエルネット))の岩附 由香と堀内 光子です。CL-Netは、児童労働の解決に貢献することを目指すNGO、労働組合など約20団体が加盟するネットワークです。

 

今回のプロジェクトは、11月にアルゼンチンで開催される第4回児童労働世界会議に日本の市民社会組織の代表として参加し、世界の経験、知見を学び、それを活かして、最終的により多くの子どもを危険有害な児童労働から守ることが目的です 。

 

「会議に参加することで、児童労働の問題は解決されるの?」
「そんなお金と時間があれば、それを途上国に注げばいいのではないの?」

 

そう思われる方多いかもしれません。これまで、堀内は国際労働機関を通じ、岩附もACEの活動を通じ、直接支援にも携わってきました。しかし、「現場」での活動で直接支援できる子どもの数は、どうしても資金の都合で、限られてしまいます。政策や法律を変え、政府や企業の動きを加速させることができれば、直接救うよりも、より多くの子どもたちへリーチし、継続的に状況を変えることができるようになります。そのために、児童労働ネットワークは、政策提言、アドボカシー活動を続けてきました。 続き・・・


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事