「アクティブラーニング」と「主体的・対話的で深い学び」はどこが違うか!!

「アクティブラーニング」と「主体的・対話的で深い学び」はどこが違うか。

 「アクティブラーニング」は改革の大きな方向を指し示したものである。
 「主体的・対話的で深い学び」はその方向を実現するために、授業での具体的なやり方を示唆するものである。

 「主体的な学び」は、意欲を意志につなげ、そのため、振り返りと見透しの時間を設ける。
 「対話的な学び」は、思考を表現し、共有し伝え合うことであり、とりわけ言語表現の多様なやり方やその他の表現法を用いる。
 「深い学び」は、教科等の見方・考え方に迫るように工夫する。