「熊本の学校の様子は、テレビや新聞やネット上の書き込みを通してしか知ることができません。だから、この申し出は的外れなことかもしれません。しかし、もし先生方が生徒たちの安否確認や学校再開のための様々なご準備、破損した校舎やひょっとしたらご自宅の片づけや安全確認に追われて再開後の授業準備どころではないとしたら、学校再開さえもおぼつかない状態だとしたら、そして生徒たちは受験や検定のために学習を再開したいのに、以前のように安定して学習に臨める状態にないとしたら、自宅でもWeb上で英語学習ができるeラーニング教材が役に立つかもしれません。そんな被災地域の生徒たちのために、コロコロイングリッシュの開発者としてIDを無償提供できるよう準備を進めています。コロコロイングリッシュについての詳細は、サイトの情報をご覧ください。
http://www.collocollo.jp/
もし必要なら、学校単位または地域単位で必要ID数をまとめて姜 英徹

kangyoungchul71@gmail.com  までご連絡ください。

件名に【熊本より支援希望】と記入して、本文に詳細をお送りください。すぐにでもIDを発行いたします。期間は、ご要望しだいです。ただし、ID登録のために生徒の名前などの個人情報をいただかなくてはなりませんので、ご了承ください。」

clocom

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事